Linuxでも普通の日本語のキーボード配列にしたい

使用環境は、LinuxMintです。 

日本語のキーボード配列にする方法が分からず、ずっと()とか「」の位置が違うのを

適当にメモして そのまま使ってきました。

(因みに、@は「Shift+2」、:は、「Shift+;」、

〜は「なみ、から」などで打ってました。。。)

一番最初のインストール直後に 日本語を使うために調べた結果から

mozc→ひらがな という操作が最初に必ず必要なものだと思い込んでいたこともあり。

電源が点けっぱなし状態なので、然程の不自由も感じず。

テンキーがあったのも不幸中の幸いでした。(スラッシュやプラスは問題なし!)

前置きはこれくらいにして・・

以下、linux MINT での 設定の手順です。

因みに、配列はいくつでも追加出来るみたいでした。。他の言語もしてみよかな。

  目次
  1: システム設定>キーボード
  2: キーボード>レイアウト
  3: レイアウトの選択>日本語
  4: オプション>かなロックキー
  5: 設定閉じる>アンダーバー
  6: 完了
  7: 参考にしたサイト

 

1: システム設定>キーボード

先ず、デスクトップ画面の左下のメニューの一覧から

「システム設定」を開き、全てのメニューのやや下側の方までスクロールすると、
「キーボード」という項目があります。

 

2: キーボード>レイアウト

最初は「タイピング」とありますが、

「レイアウト」を選びます。こんな画面になります。↓

3: レイアウトの選択>日本語

文字通り。レイアウトを選択します。

画面左下の十字ボタンをクリックすると選択画面になります。

いくつもの外国語がズラ〜と並んでいます。

日本語は漢字のためか、すごく下の方になります。

日本語の「OADG 109A」というものが良いでしょう(おそらく、殆どのwindowsと同じになります)。



項目が1つ増え、日本語の(OADG 109A)も選択が出来るようになりました。


 

4: オプション>かなロックキー

「かなロックキーのロック動作を有効にする」にチェック。

caps lock で、英語と日本語の切り替えが出来るようになると思います。
(環境によるので、責任取れませんが・・多分、いけます)

  

5: 設定閉じる>アンダーバー

システム設定のウィンドウは終わったため閉じます。

パソコンのデスクトップ画面のアンダーバーでも選択出来るようになりました。

最初はアメリカの国旗でしたが、クリックするとこんな画面になり、

日本語を選ぶと切り替わります。

  

6: 完了

終わり。日本語(windows)キーボードと粗同じになりました。

@や「」、()の位置がキーボード通りなのは嬉しい!

  

7: 参考にしたサイト:

https://tmtms.hatenablog.com/entry/2013/05/04/linux_mint
http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=5262
https://publicdomainq.net/keyboard-0010284/

“Linuxでも普通の日本語のキーボード配列にしたい” への2件の返信

  1. 記事ありがとうございます
    参考にさせて頂きます
    LinuxMintでキーボード周りで四苦八苦中な為とても助かる情報でした

    1. コメントありがとうございます。
      返信がありえないほど遅くなりましたが・・。
      (寂れたサイトなので、チェック全くしていませんでした!)
      参考になった様子で嬉しいです。
      またのご縁がございましたら、よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です