GIMP作業履歴について

GIMP画像エディタで誤って上書き保存してしまったので、焦って検索。

画像 エクスポート前 戻す GIMP 方法 linux

散々調べた結果、作業履歴が出てくるのは作業中のウインドウの中のみの様子。

今回の(私の)場合、一旦アプリを閉じてしまっていたので復元は出来ない状態でした。

(linux系の
XFSというファイルが一旦、削除すると復元できない・・とのことで
XCFっていう似たようなファイル名のため、同じことなのかなと・・。)

上記の事は常識かもしれませんが、私はつい最近になって詳しく分からないまま 

linuxを使うようになったため以下の困ったことになりました。

普通にwindowsの調子で適当にPTSCでスクリーンショットで保存すると、

画像のファイル形式は「.xcf」になってしまいました。・・で、

拡張子、gif、png、jpegなどに変換するソフトを探したりという作業があり

少しの苦労があって、何とかpngで保存できました。

これが何度やっても時間が開いたりすると覚えられないので、

自分自身が覚えるために記録することにしました。以下の方法です。

(前にも似たような記事があったりしますが・・)

GIMP画像エディタ というソフトで、クリップボードの画像貼り付けから
  ↓
ツール、矩形選択(Ctrl押しながら、最後はenter押すと確定)
  ↓
メニューの編集より「切り取り」
  ↓
新規作成
  ↓
貼り付け
  ↓
名前を付けてエクスポート
  ↓
pngを選択(2回め以降、選択画面出てきませんが)
  ↓
エクスポート

今後、画像入れて分かりやすく紹介するようにと思っています。

GIMPはwindowsなどにもアプリケーションがある・・ということ

が分かったので、それもついでにここへ覚書しておきます。

参考:

https://docs.gimp.org/ja/gimp-undo-dialog.html

http://hnavi.co.jp/knowledge/blog/filesystem/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です