端末のパスワード変更の為にやってみたメモ

これは、少し前の下書きです。

今は状況違いますが。。今読むと訳が分からないものです。。

この時は、windowsでデュアルブーストでやっていた時で、

今よりも もっと訳が解っていなかった気がします。

パスワードが分からないので、散々間違えて
(3回で警告は受けたが、その後また違う文字を入力すれば大丈夫。
でも、直ぐにパスワードを聞かれる・・を何度も繰り返し、回数に制限はなしと解明された。)
調べた挙げ句、

+++@***:~$ help password

bash: help: `password’ に一致するヘルプ項目がありません。`help help’、`man -k password’ または `info password’ を試して ください

+++@***:~$ info password

File: dir, Node: Top This is the top of the INFO tree

This (the Directory node) gives a menu of major topics.
Typing “q” exits, “?” lists all Info commands, “d” returns here,
“h” gives a primer for first-timers,
“mEmacs” visits the Emacs manual, etc.

In Emacs, you can click mouse button 2 on a menu item or cross reference
to select it.

* Menu:

Basics
* Common options: (coreutils)Common options.
* Coreutils: (coreutils). Core GNU (file, text, shell) utilities.
* Date input formats: (coreutils)Date input formats.
* Ed: (ed). The GNU line editor
* File permissions: (coreutils)File permissions.
Access modes.
* Finding files: (find). Operating on files matching certain criteria.

Compression
* Gzip: (gzip). General (de)compression of files (lzw).

Editors
* nano: (nano). Small and friendly text editor.

General Commands
—–Info: (dir)Top, 169 行 –Top————————————————————————————–
メニューアイテム `password’ はノード `(dir)Top’ 中にはありません


上記の画像、拡大版。

ここで、しばらく、info change user でやり取り。

何故か、change ではなく、chage で 話が進んで行く。

Usage: chage [options] LOGIN

Options:
-d, –lastday LAST_DAY set date of last password change to LAST_DAY
-E, –expiredate EXPIRE_DATE set account expiration date to EXPIRE_DATE
-h, –help display this help message and exit
-I, –inactive INACTIVE set password inactive after expiration
to INACTIVE
-l, –list show account aging information
-m, –mindays MIN_DAYS set minimum number of days before password
change to MIN_DAYS
-M, –maxdays MAX_DAYS set maximim number of days before password
change to MAX_DAYS
-R, –root CHROOT_DIR directory to chroot into
-W, –warndays WARN_DAYS set expiration warning days to WARN_DAYS

どうやって出したか忘れたけど「chage -m」で、アカウントを変更する事になり、
-mだと上記の通り、いつまで今のIDを有効にしたいのか日付を入れる様にとの指示があり。
今すぐに変更したいので、当日の日付を入力。

+++@***:~$ chage -m 20170819

ここから忘れたけど、こうなって↓

+++@***~$ sudo vim /etc/hosts

sudo: ホスト *** の名前解決ができません

ふりだしに戻る。。。

時間がなくなってしまったので、また暫く弄れないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です