linuxのユーザー 一覧の意味

今回はlinuxのサーバーからログアウト出来ない!と、困って色々と

おかしなことをやっていたみたいで・・

「killall」と打って、パソコンそのものの強制終了してしまったりしていました・・。

なので、たくさん調べた事もこの記事の下書き(凄い長文)も

せっかく見付けた分かりやすいサイト様のページも復活せず、

全てが水の泡になっていたのでした。。。

最初は、linuxで、ユーザー 一覧の意味も全くわからなかったので、

おかげさまで少し成長した気がします。事の発端は、ブログの下書きに

cut -d: -f1 /etc/passwd ・・・  ユーザー一覧

 ↑ 
というメモがあったのですが

意味が分からないので調べるというところから始まり、

ますます意味が分からない・・ので、調べながら覚書メモしていました。

ユーザー一覧の出し方 ↓

$ cut -d: -f1 /etc/passwd  

$ cat /etc/passwd

ログインしているユーザーの調べ方 ↓

$ who

$ w

ps -ef | grep pts/1

自分の名前が出てくるのですが、2018/12/4〜とか41daysとかあって

長い間ログインしっぱなしで、これは何か不味いのではないかと思い

ログアウトする方法を探しました。

$ logout
  ↓

ログインシェルではありません: `exit’ を使用してください

$ exit
  ↓
端末が強制終了
  ↓
あちこちで検索して色々と試すも

$ w ・・で、まだ自分の名前が消えていない・・。
他にも↓

$ pkill gnome-session
  ↓
反応無し
  ↓
$ ps -ef | grep pts/1
  ↓
〇〇〇〇  △△△△ 〇〇□ □〇〇・・・

他にも・・
  ↓
$ kill -9 △△△△
  ↓
無反応
他にも・・
  ↓
$ killall -u 〇〇〇〇
  ↓
パソコンの強制終了
  ↓
再度、起動
  ↓
今ココ!です。

それをやってみて「w」で出てくるのは自分自身のことだったと

やっと気が付きました!こんな人はいないかな。。

お疲れ様でした。ここまで読んで頂きありがとうございました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

良かったら気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。

参考:

情報源: ログインユーザを強制ログアウト